ホーム > 移住体験談 > No.13 木村さん(前居住地:東京都)

移住者体験

No.13 木村さん(前居住地:東京都)

50年間の都会暮らしを経て移住 海を見渡せる自宅で個人美術館を無料開放

ひとつ前のページに戻る

 私は、生まれてから18歳まで宇土市で育ちました。高校を卒業すると同時に東京へ行き、50年間の都会暮らしを経て、故郷に近い上天草に移住しました。

 上天草市では、個人美術館を開設しており、文化面で上天草に貢献できたらと思い、現在も画家として活動中です。

 お金がないと、どこに行っても生活できませんが、都会では、駐車場使用料の月額が田舎のアパートの1ヶ月分の家賃に相当します。若いうちは、都会での生活も良いと思いますが、年を重ねてきたらのんびりと生活できる田舎暮らしをお勧めします。

 これまで、世界各地を旅行しながら絵を書き、色々なところを見てきましたが、その中でも天草の自然は素晴らしいと思います。自宅から眺める目の前の海は絶景です。都会とは違い、のんびりとした生活を堪能しています。

--------------------------------------------------------------------------------

洋画家 木村昭司美術館

上天草市大矢野町中3792-1
電話:0964-26-6661
定休日:毎週火・水

(H24.6.18)
ひとつ前のページに戻る