ホーム > 移住体験談 > No.18 渡辺さん(前居住地:熊本市)

移住者体験

No.18 渡辺さん(前居住地:熊本市)

ヴァイオリンを通し、地域で音楽活動の普及をしています

ひとつ前のページに戻る

 私は今年78歳になります。出身地は熊本市で、これまで東京や大阪等で仕事をしてきましたが、32歳の時に仕事を退職し、富山県でバァイオリン製造の修行を始めました。

 上天草市には、妻の実家があり、何度も訪ねていた天草の景観が好きだったため、平成21年に移住しました。

 私は、上天草市でバァイオリンを通した音楽活動を普及していきたいと考え、次の4つの看板を掲げて活動しています。

「良い音楽を拡める会事務局」
・上天草市を中心に、バァイオリンを通した音楽活動の普及をしていきたいと考えております。

「天草のわらべ唄保存会事務局」
・天草地方で古くから伝わるわらべ唄を後世に受け継ぐ活動をしています。

「バァイオリン・ボランティア」
・バァイオリン教室を開講しています。

「渡辺バァイオリン制作研究所」
・長年続けてきたバァイオリンの制作を自宅内の工房で行っております。

 バァイオリン教室は無料で行っております。また、家の近くにあるパン屋「もっぱん」においても毎週水曜、金曜、日曜(15:00~16:00)に定期的に演奏会を行っておりますので、ご興味のある方は是非お越しください。

※写真は、市広報誌の取材の時のものです。

(H24.11.1)
ひとつ前のページに戻る