ホーム > 移住体験談 > No.29 松本さん(前居住地:熊本市)

移住者体験

No.29 松本さん(前居住地:熊本市)

都会の便利さはないけど、こちらの生活はとても贅沢な気がしています

ひとつ前のページに戻る

◆初秋の昼下がり、取材に伺うと家の外に椅子を2つ並べている場所に案内されました。座ってみると目の前にはキラキラ輝く海と青い空が一望でき、まるでオープンカフェのよう。心地よい潮風を頬に受けながら、今年の2月末に移住された松本さんにお話しを伺いました。

--------------------------------------------------------------------------------

 海が大好きで、とにかく海辺に住みたかった。なかなか気に入る物件が見つからず、暇さえあれば熊本市内から車を走らせて空き家がないか探していました。そんな生活が2年ほど過ぎたある日、「リビング熊本」(熊本市で配布されているフリーペーパー)に掲載されていた上天草市の不動産広告で気になる物件を見つけました。はやる気持ちを抑えきれず、すぐに問合せをして現地に向かいました。

 広告の写真を見た時、弓ヶ浜方面の物件かと思っていましたが、案内されるとそこは江後(※1)にある物件でした。とても静かな海岸沿いで、国道から一本裏道に入るとこんな素敵な場所があったのかと感激しました。もちろん即決でした。

 移住してすぐの頃は、別荘としてたまに遊びにきていると思われていたようで、地元の方と話すことはありませんでした。しばらくすると、近所の方に話しかけられ、私が移住してきたことが分かるとすぐに区長さんを紹介してくれたり、市が発行する広報紙(※2)を届けてもらえるようになりました。

 朝起きて窓から海を眺めると、ピョンピョン魚が跳ねているのが見えます。散歩中に顔見知りになった方に聞くと、「ボラだよ」と教えてもらいました。今はここで見ること、聞くことのすべてが新鮮です。

 近所の畑に通ってくる方は、気に掛けてくれて色々なことを教えてくれます。この前はタコ釣りを教わって、20匹も採れました。こんなに食べられない・・・と困ってしまうほどでしたが、1年中タコが食べられるようにと保存の方法も教えてもらいました。味をしめて(笑)またタコ釣りにいくと、今度はまるっきり釣れませんでした。そんな日もある、と感じる楽しみも覚えました。また、ある時は地元の方が畑で収穫したカボチャを15個も持ってきてくれ、"とても有難いけど食べきれない"と言うと、調理方法や保存方法を教えてくれました。

 家のそばに畑があるので、自分で野菜でも作ってみようかと取りかかっていたら、その方が手伝ってくれて作り方を教わりました。お陰で不慣れながらも4本の苗からキュウリが次から次へと実をつけて、毎日のようにキュウリを食べていました(笑)。今は同じ場所で芋を作っています。

 熊本市に住む、小学4年生を筆頭に2歳までの5人いる孫たちも、ゴールデンウィークや夏休みを利用して4回も遊びに来てくれました。"今度遊びにくる孫たちと魚釣りをしたい"と、近所の畑に通ってくる方に相談してみたところ、裏山にある竹を譲ってくれ、その際にも"枯れ竹よりも青い竹の方が弾力があって良い" とか "餌はその辺にいるヤドカリで十分だよ" など親切に教えてもらいました。お陰で楽しく釣りをし、カニを捕まえたり貝を採ったりバーベキューをしたり、自然豊かな場所で孫たちと過ごすことができました。熊本市からも遊びに来やすい距離なので、孫たちがこれからも遊びに来てくれるのが楽しみです。

 移住前は、そんな生活をしているのが信じられないほど慌ただしい生活をしていました。以前暮らしていた東京では、30代の頃から10年間パン屋をしていました。3店舗のパン屋を経営し、明け方2時、3時に起床して夜は8時、9時まで働き、時間も気もつかう毎日でしたが、縁あって上天草市に移ることになり、今は波の音を聞きながらとてものんびり過ごすことができています。あの頃から考えると、都会の便利さはないですが、こちらの生活はとても贅沢な気がしています。

 地元の方は、生活の知恵を持ち、食べ物をとても大事にし、お付き合いを大切にしています。こちらから打ち解けようとすれば、心から歓迎してくれます。1人で移住してきた私に、色々教えてくれとても親切にしてくれました。私もできるだけ地域の行事には参加するようにしています。最初に声を掛けてくれた方が、地区の皆さんに私のことを話してくれていたお陰で、地区の集まりにも参加しやすかったです。最初の頃に、何でも聞いたり、相談できる方と知り合えたことはとてもラッキーだったのかもしれません。

 私が住む江後は、近所に小学校がないせいか、子供たちの声があまり聞かれず少し淋しいです。若い方々にもぜひ上天草を知ってもらい住んでもらえたら嬉しいです。私自身は、これから地域に貢献し目的をもって励めるような何かを見つけたいと思っています。

--------------------------------------------------------------------------------

※1  江後
上天草市にある行政区の一つ。大矢野島の西に位置し、海岸線からは野釜島に掛かる野釜大橋が一望できる。さらにその背後には島原の普賢岳が望める。知る人ぞ知る、夕陽がきれいなスポット。

※2 広報「上天草」
市が毎月15日に発行する情報紙。市から各区長へ配布され、各区長から各世帯へ配布される。
■市役所ホームページでも閲覧できます。
広報 「上天草」最新号・バックナンバー

(H25.10.11)
ひとつ前のページに戻る