ホーム > お知らせ > 上天草 日々の風景 『新緑の季節に』

お知らせ

上天草 日々の風景 『新緑の季節に』

移住アドバイザーの吉田です。

新しい年度が始まり20日余りが過ぎましたが、いかがお過ごしですか?
今年はほんと雨が多いですね。
暖かくなったと思えば急に寒くなったりと、春らしい"春"というものを感じられずにいます。
気づけば桜の木も葉桜になっていますが、今年の桜は散るまでがとても早かったですね

桜の花の名残惜しさもありますが、この時期は新緑に彩られた山々に目を奪われます。
先日、千巌山(せんがんざん)を通りかかったところ、桜の若葉がとても鮮やかでした。
上天草市の松島町には島と海を一望できる千巌山(せんがんざん)や高舞登山(たかぶとやま)という観光名所があります。ここは展望所近くまで気軽に車で行くことができて、見晴らしも良く、とても気持ち良いところなので、海の藍と山の緑を体感しにドライブに来ませんか?
展望所では、ちょっとした飲み物とおやつがあると、より寛げて景色の見え方も違ってくると思います。ので、お忘れなく!

IMG_8978.JPG

IMG_8987.JPG

IMG_8982.JPG    IMG_8983.JPG

■白山木(ハクサンボク)
この時期、身近な所で見かけますが、アジサイの花に良く似ています。
晴れた日よりも日陰や小雨が似合う花だなぁと思っています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

■千巌山(せんがんざん)(国指定:名勝)
桜の名所「千巌山」
千巌山は、奇岩が織りなす風景からその名がつきました。それ以前は「天草・島原の乱で天草四郎がこの山頂で出陣の宴を張り、
杓子で酒を酌み交わした」という伝承から手杓子山と呼ばれていました。
標高162mの山頂からは眼下に天草五橋が一望でき、宇土半島、島原半島、天草下島、八代海など360度のパノラマが楽しめます。

■高舞登山(たかぶとやま)(国指定:名勝)
日本の夕陽百選「高舞登山」
日本の夕陽百選に選ばれた「高舞登山」(タカブトヤマ)。かつてこの山は、高太山と呼ばれていましたが、
「戦国時代に地元の武将が山頂で舞いを楽しんだ」という伝承からその名がつけられました。
標高117m、山頂は公園として整備が進み、国道266号から頂上の展望台下の駐車場まで車で行くことができます。
雲仙天草国立公園:松島の絶景と落ち行く夕陽の絶景が目の前に広がります。