ホーム > お知らせ > 上天草 日々の風景 『勝手に世界遺産』

お知らせ

上天草 日々の風景 『勝手に世界遺産』

こんにちは、移住アドバイザーの吉田です。
最近の上天草市は夏のような暑さが続いていますが、
毎朝眺める海は少しずつ青さを増しているように感じます。

天草の海の特徴として、潮の満ち引きの差が大きいというのがあります。
場所によってはその高低差が約3mになるところもありますが、
見えなかった岩肌や地層が現れて、普段とは違った地形に変わる場所があります。中でも小島とつながる"道"が出現する面白い海岸があるのでご紹介したいと思います。

その一つに、大矢野町の野釜島(のかまじま)に唐船ヶ浜(とうせんがはま)という海岸があります。ワカメやヒジキ、タコも採れるようなところですが、海水浴場として整備されていて、海の家やキャンプ場もあるので夏になると海水浴客で賑わうスポットです。

唐船ヶ浜.JPG

■荒波で削られた地層は、様々な岩や石がむき出しになっています。

二つ目は、松島町の樋合(ひあい)にある樋合海水浴場(通称:パールサンビーチ)です。ここも夏は市内外からの若者や家族連れでとても賑わうレジャースポットです。その向かいにある高杢山(たかもくやま)は"天草富士"とも呼ばれ、ここはパワースポットだ!ということで訪れる方もいるそうです。

高杢島.JPG

■天草富士とも呼ばれるパワースポット。途中まで急な階段が続きます。

そして、三つ目は、龍ヶ岳町(りゅうがたけまち)の樋島(ひのしま)にある外平海岸(ほかびらかいがん)です。地元の人が利用する静かな海水浴場で、珍しい海の生き物が生息しているところなんだそうです。

外平海岸.JPG

■周囲を軽く一周できそうな小島です。

 海が引いた時にしか渡れない島...。フランスの有名な観光地"モンサンミッシェル"のようにもイメージできます。そんなシチュエーションに惹かれ、初めて渡った時は感動したものです。自宅近くの唐船ヶ浜では、子供と貝を拾ったり、砂遊びをしたりと家族とのんびり過ごすこともあります。市外から遊びに来た友人を連れていくと、石や貝殻を拾って楽しそうです。(おそらく少数派なんでしょうかが...。)

きっと子供にとっては格好の遊び場になるので、夏休みには地層や海の生き物を観察してみてはいかがでしょうか?